士業を開業するには

士業の事務所を開業する

士業はマーケティング意識が必要

いまや士業は、専門性さえあれば成り立つ職業ではなくなりつつあります。マーケティングを考える事務所が集客できる時代です。ここでのマーケティングとは、顧客満足を軸に「売れる仕組み」を考えることです。単なる宣伝広告に留まりません。特徴を打ち出して、効果的にクライアントにサービスを提供しなくてはなりません。特徴の出し方にはいろいろあります。例えば、行政書士の場合、外国人ビザを専門に取り扱う事務所があります。これは業務特化することで集客を狙っているケースです。また、税理士が税の相談だけでなく、成年後見や相続の相談も含めて応じる事務所もあります。これは業務範囲を拡大することで集客を狙っているケースです。このように、士業は他にはない特徴を打ち出して集客を狙う意識が必要になっているのです。

手帳にメモをとる女性

マーケティングは士業でも大切

士業事務所は難しい司法書士や税理士などの国家資格を合格した人が独立開業して仕事をすることが出来る業種ですが、資格を取得しただけでは経営を軌道に乗せることが難しいのでマーケティングの知識なども必要とされます。最初の頃は知り合いなどから仕事をもらうようにして徐々に仕事を軌道に乗せていくことが必要となるので、人脈が経営にはとても重要となります。士業事務所で成功するためにはマーケティング戦略と営業戦術がとても重要となるので、専門的な知識以外でもそういった専門的な能力を磨いていくことがとても重要となります。

士業の事務所の開業情報

新着情報